キャッシングとカードローンの違いとは?

急に現金が必要となった時は、キャッシングやカードローンで借りることができます。このふたつはよく似ていますが、返済方法や金利、融資額などが異なります。内容を良く知り、合っている方で借りましょう。

キャッシングは、通常、クレジットカードについているキャッシング枠でのお金の借り入れを指します。クレジットカード発行時にキャッシングの限度額は決まっており、その限度額までならATMなどで引き出すことが可能です。1万円単位から借り入れることができ、数十万円程度が限度額となっているのが一般的です。金利は高めの傾向にあります。返済方法は、基本的には翌月一括払いか、リボルビング払いとなります。カードによっては分割返済が可能なものもあります。

カードローンは、銀行やノンバンク系が発行するローンカードを使って、ATMなどで引き出すか、指定の口座に振り込んでもらって借り入れすることを指します。カード発行時に限度額は決まっています。カードローンの場合は数十万円から数百万円と高額の借り入れが可能なことが多く、金利はキャッシングに比べると低めの傾向にあります。返済方法は基本的には分割払いかリボルビング払いとなります。

借りたい金額が少額で、翌月に一括払いができるときはキャッシングがいいでしょう。一括での支払いが難しい場合は、金利の低いカードローンがおすすめです。状況に応じてカードローンとキャッシングを使い分けるようにしましょう。

カードローンの審査が甘い!ウマい話には要注意!!はこちら